June 2013

June 03, 2013

Kimono Workshop at Anderson School

ニューヨークの公立小学校では3年生で異文化について学びます。アッパーウェストのアンダーソンスクールに毎年呼んでいただき、3年生全クラス対象に浴衣ワークショップを通して日本の着物文化を教えています。 午前中に3クラス、各45分間です。 
前年までは着物の歴史・種類についての説明の後、先生をモデルに振袖の着付け実演、男女子生徒に浴衣の着付け実演、最後に半幅帯を2人一組になってお互い締め合うというものでしたが、今年は浴衣も帯も3人一組で着付け合いました。生徒さんは皆、目を輝かせて楽しそうに着付け合っていました。かなり独創的な帯結びをする子も。 どうして着物が普段着られなくなったか、それでも日本人に愛され続け、特別な衣装として受け継がれているのは何故かなど、一緒に考えてみました。

In New York public elementary schools, the 3rd  graders study
cultural diversity.  As a part of Japanese cultural study, I have
been invited every year by Anderson School in Upper Westside
to give a Yukata workshop.
The menu is:
1. Brief Power Point Presentation about the history of kimono
and all types of kimono
2. Furisode (long sleeved formal kimono) dressing
demonstration. (a teacher as a mode)
3. Yukata (casual cotton kimono for summer) dressing
demonstration (a boy and a girl as models)
4. Group work (Dressing Yukata and Obi to each other)
We had 3 classes in the morning, 45 min. each.
Students were very enthusiastic, curious and creative. It was
fun!!  We also try to find the answer together to the question
that why kimono is not daily cloth anymore, but why it is still
beloved by Japanese people as a special costume. 

kimono_experience at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Kimono Report こんな事しました